..

交通事故治療の流れ、交通事故に遭ってしまった・・・。どうしたらいいの?交通事故後の対応、治療の流れ

交通事故に遭った、さてどうする?

ポイント1 損害賠償の話は事故現場ではしない

ポイント1損害賠償の話は事故現場ではしない

交通事故を起こしてしまっても、なるべくその場で示談交渉はしないようにしてください。

お金の交渉は、全ての治療が済み、費用がはっきりしたら行うよう心掛けて下さい。署名などにも捺印してはいけません。

業務上、急いでいる時もあるでしょう。しかし、事故を起こしてしまったらもう仕方ありません。急いで片付けようとせず、警察や保険会社に連絡する事は必須です。くれぐれも当人同士で片付けないようにして下さい。

ポイント2 交通事故後には必ず精密検査を!

ポイント2交通事故後には必ず精密検査を!

実際に交通事故に遭っても、事故直後は痛みを感じないことは多いです。

特に、むち打ちなどは、後になって首や肩に痛みを伴います。ですから、交通事故から数日、数週間経ってから症状が出てくるケースもあります。

ただ、どんな状況であっても、例え事故直後に痛みを感じなくても病院には必ず行き、精密検査を受けるようにして下さい。放っておくと取り返しのつかなくなることだってあるのです。

一刻も早く安心する為にも、先ずは病院に行って診察を受けてください。

ポイント3 保険会社に連絡することを忘れずに

ポイント3保険会社に連絡することを忘れずに

交通事故後は保険会社に連絡して下さい。これは、事故が発生してから行う最も大切なことの一つです。

保険会社への連絡が遅れてしまうことで、補償が受けられなくなってしまうこともあるのです。補償が受けられないということは、そこに掛かる費用が実費になってしまうという事です。この事態は極力避けたいものです。

更に、病院を変える際もまめに保険会社には連絡をするようにしましょう。何かあったらすぐに保険会社に連絡するくらい、保険会社とはいいコミュニケーションを心掛けていたいものです。

ポイント4 交通事故に遭ったら警察への連絡は絶対です。

ポイント4交通事故に遭ったら警察への連絡は絶対です。

事故に遭ったら警察に届け出ましょう。警察に届出をすると交通事故証明書が発行され、これがあれば保険会社に保険金を請求することが出来るのです。事故を起こした時の必ずやるべき事の一つです。

相手が警察を呼ぶことを拒んでも無理矢理にでも呼んだ方がいいです。もしこれが、示談やただの物損事故と見てしまうと、治療費を後から請求できない事もあるのです。

ポイント5 加害者の情報は出来るだけ仕入れておきましょう。

ポイント1加害者の情報は出来るだけ仕入れておきましょう。

氏名や電話番号、車種やナンバーを知っておくのは当然の事、

相手の住所や、相手の会社の住所、会社の電話番号なども入念にメモを取り、免許証や自賠責保険などは携帯カメラで撮影するなど、相手の情報収集は入念に行うようにしましょう。

ポイント6 領収書、書類は保険すべし

ポイント6領収書、書類は保険すべし

後で請求の対象になるかも知れないので、病院のレシートだけではなく、治療に掛かった費用を証明するものは何でも取っておくようにしましょう。

移動のタクシーなどのレシートなども保管しておくよう心掛けましょう。

ポイント7 以外と見落としがちな目撃者の連絡先

ポイント1以外と見落としがちな目撃者の連絡先

事故には大半目撃者がいます。もし事故に遭って周辺に目撃者が居たら、連絡先は聞いておくようにしましょう。これが後々示談の際に役に立つことも多々あるのです。

また、事故の現場の様子などもカメラやムービーなどを使って撮影をしておくと効果的。情報は多ければ多いほど役に立つと考えましょう。

あなたは健康と仕事どちらが大事??

何事も健康が一番!

交通事故の後に伸し掛ってくる嫌な事…。何でしょうか?

痛みや後遺症は当然ですが、多くの方が通院を嫌います。無理もありません、病院は面倒だし、忙しい社会人は尚更嫌でしょう。

しかし、通院は絶対にしなくてはなりません。交通事故のような強い刺激でどのような症状が発生してるかは予想がつかないのです。むち打ちなどはレントゲンで写らない事もあり、原因解明にさえ困難な症状もあります。

忘れてはならないのが、「基本は健康から」ということです。仕事、趣味、プライベート…。

生活をしていく全ての環境の中で、どんな事をするにも、まず健康でなければなりません。 悪い例として、医師がOKを出す前に、痛みが引いてきたからと言って勝手に自己判断して病院に通わなくなるケースがあります。

医師は、完治していないから病院に通わせているのです。 交通事故後の症状は通常の怪我とは異なりとても繊細です。だからこそ、尚更自分の事を労わりながら、完璧に治すことを心掛けなければなりません。完璧に治してしまわないと、後にまたその痛みが再発する恐れがあります。そうなる前に、通院したら、必ず完治するまで通い続ける必要があります。

仙台市 交通事故治療のお問合わせ

24時間交通事故による相談承っています
TOPへ戻る
..

患者様の声

information
..
鈴木接骨院外観 鈴木接骨院。022-373-1390

〒981-3132
仙台市泉区将監9丁目12-20

P有 院前・裏に11台

受付時間

日曜日午後/木曜/祝日休診日

..
..
泉中央杜都整骨院外観 泉中央杜都整骨院。022-371-7673

〒981-3132
仙台市泉区泉中央1丁目7-1
地下鉄泉中央駅3階
(カフェベローチェさんの上)

受付時間

木曜日午後/日曜/祝日休診日

..
..
仙台東口かえで整骨院外観 仙台東口かえで整骨院。022-792-7620

〒983-0861
仙台市宮城野区鉄砲町西1-20
仙台駅東口~徒歩7分

受付時間

木曜日午後/日曜/祝日休診日

..
..
あすと長町整骨院外観 あすと長町整骨院

〒982-0005
仙台市太白区諏訪町1-7

P有 186台生協太子堂店敷地内

受付時間

月曜日午後/木曜/祝日休診日

..
スタッフブログ
仙台の美容整体「鈴木整体院」